Amazing Earth!

自然の営みが造る驚きの大地の訪問記を主な内容としています

日本の地形・地質―見てみたい大地の風景116 (列島自然めぐり) 年代で見る 日本の地質と地形: 日本列島5億年の生い立ちや特徴がわかる

東京大学総合研究博物館

展示に力を入れた博物館、というより研究の一環で膨大にある標本館の一部を公開したようなところでした。

化石、昆虫標本、土器、石器、などと一緒に鉱物系も展示されていました。

 

f:id:daifukupon:20171102143758j:image

 

山梨県乙女鉱山の双晶。かなりの大きさです。

f:id:daifukupon:20171102151209j:image

f:id:daifukupon:20171102143927j:image

f:id:daifukupon:20171102151259j:image

f:id:daifukupon:20171102151328j:image

f:id:daifukupon:20171102151341j:image

 

 

捕獲岩石

f:id:daifukupon:20171102144802j:image

 

アジア象の化石

f:id:daifukupon:20171102143940j:image

 遮光器土偶もありました

f:id:daifukupon:20171102144729j:image

2017夏 群馬1泊旅行

週末何も予定が入らない日ができたので、急遽近場の旅行に出かけました。

碓氷軽井沢IC近くから見えるた「高岩」

f:id:daifukupon:20170826161555j:image

 

碓氷軽井沢ICを下りて浅間山方面に向かう途中の「ロマンチック街道」

f:id:daifukupon:20170826161609j:image

 

最初の目的地、「鬼押出し園」に到着。幼少の頃に来て以来でしたが、自分の記憶とは随分違っていました。記憶の中では岩がもっと黒くて、煙が上がっていました。おそらく煙というのは付近の温泉地から上がる煙で、記憶が混じってしまったようです。

f:id:daifukupon:20170826162438j:image

f:id:daifukupon:20170826162630j:image

浅間山

f:id:daifukupon:20170826162648j:image

f:id:daifukupon:20170826162722j:image

f:id:daifukupon:20170826162744j:image

f:id:daifukupon:20170826162807j:image

園内に「ヒカリゴケ」がありました。蛍光鉱物のようでした。

f:id:daifukupon:20170826162832j:image

f:id:daifukupon:20170826162856j:image

さて、お次は「火山博物館」へ。うーん、もう少し手を加えられたほうがいいかなぁ。解説テープが途中からどんどん高速になっていって聞き取れないところがありました。子供が楽しみながら学べる工夫もあるといいですね。

f:id:daifukupon:20170826163036j:image

f:id:daifukupon:20170826163054j:image

f:id:daifukupon:20170826163111j:image

f:id:daifukupon:20170826163131j:image

f:id:daifukupon:20170826163203j:image

 

宿泊地である万座に向かう途中、「嬬恋牧場」からの景色

f:id:daifukupon:20170826180521j:image

 

「万座温泉」に到着。

万座温泉は硫黄泉で白濁していました。硫黄の含有量が日本一だそうです。自分が好きな泉質でした。

 

宿泊はプリンスホテル。ちょうど「星空ヒュッテ」という星の観察イベントが開催されていました。

f:id:daifukupon:20170826194829j:image

真夏なのに外は12度! 長袖必須です。

なんと望遠鏡で初めて土星を見ることができ、とても感動しました。 

 

 

2日目の朝。

 ホテルの部屋から外を眺めると、モクモク湯気が立っているところが見えました。さすが温泉地。

f:id:daifukupon:20170827063519j:image

f:id:daifukupon:20170827063614j:image

 

ホテルをチェックアウトした後、少し歩いて万座温泉の源泉が湧き出している湯畑を高台から眺めました。写真で見てもきれいな青空。いい天気に恵まれました。

f:id:daifukupon:20170827132733j:image

f:id:daifukupon:20170827132753j:image

 

少し車を走らせ、草津白根山の湯釜を見学。

小高い丘のような山を登ると、、、

f:id:daifukupon:20170827133831j:image

美しい光景が! 本当に地球は細部までよくできていること。。神が作った!っていいたくなりますは。。

f:id:daifukupon:20170827133919j:image

近くまで行きたくなってしまいますが規制されています。

f:id:daifukupon:20170827133855j:image

f:id:daifukupon:20170827133937j:image

お次は「殺生河原」へ。硫化水素ガスが発生しているので、立ち止まらずにサクサクと。濃度が上がるとサイレンが鳴るそうですが、我々がいる間に鳴ることはありませんでした

f:id:daifukupon:20170827142936j:image

f:id:daifukupon:20170827142958j:image

 

最後に吾妻渓谷に立ち寄りました。

f:id:daifukupon:20170827144620j:image

 紅葉の季節はきっと素晴らしい色とりどりの渓谷になるのでしょう。

この上流には八ッ場ダム予定地があります。どこかで聞いたことがあると思ったら、民主党政権時代に工事が中止になり、自民になりまた復活したところなんですね。

国民の代表の方々には、国民の目線にたった正しい判断をして頂きたいものです。

 

地質標本館

筑波にある地質標本館へ行ってきました。

 

入り口から石や愛くるしい看板が出迎えてくれて、なんか期待値上がります。

f:id:daifukupon:20170812152513j:image

f:id:daifukupon:20170812152533j:image

f:id:daifukupon:20170812152649j:image

f:id:daifukupon:20170812152553j:image

f:id:daifukupon:20170812152608j:image

 

そもそも来ることになったきっかけは、北川隆司 鉱物コレクションを展示しているからなのですが、いきなり入り口でお出迎えです!

f:id:daifukupon:20170812153308j:image

f:id:daifukupon:20170812153953j:image

f:id:daifukupon:20170812154013j:image

f:id:daifukupon:20170812154032j:image

f:id:daifukupon:20170812154042j:image

f:id:daifukupon:20170812154052j:image

f:id:daifukupon:20170812154100j:image

f:id:daifukupon:20170812154149j:image

f:id:daifukupon:20170812154201j:image

f:id:daifukupon:20170812154209j:image

f:id:daifukupon:20170812154219j:image

f:id:daifukupon:20170812154308j:image

f:id:daifukupon:20170812154320j:image

 

f:id:daifukupon:20170812160507j:image

f:id:daifukupon:20170812154335j:image

 岡谷断層のはぎとり標本

f:id:daifukupon:20170812160618j:image

 

つくば隕石。隕石が落下した1996年1月は以前ちょうど筑波にいた頃。隕石の話はどこかで聞いたことがある気がしますが、まさか自分がいた頃だったとは驚きでした。

f:id:daifukupon:20170812154614j:image

 アンモナイト階段を上って第2展示室へ。

f:id:daifukupon:20170812155143j:image

 展示とは直接関係ないのですが、地質系の写真コンクールで入賞した作品がアンモナイト階段の壁に展示されていました。

この写真、ユタにあるフライガイザーというところらいしのですが、一目見て惹きつけられました。機会があれば行って見たいです。

f:id:daifukupon:20170812155012j:image

 

第2展示室

f:id:daifukupon:20170812160230j:image

きれいだぁ。。。

f:id:daifukupon:20170812160244j:image

f:id:daifukupon:20170812160256j:image

 おきまりの蛍光鉱物

f:id:daifukupon:20170812160810j:image

f:id:daifukupon:20170812160827j:image

 

面白いのありました! 地学オリンピックで使用された標本です。

f:id:daifukupon:20170812161321j:image

問題も付いてます。

f:id:daifukupon:20170812161339j:image

お次は、青柳鉱物標本。

f:id:daifukupon:20170812161620j:image

所狭しと並べられています。

f:id:daifukupon:20170812161633j:image

f:id:daifukupon:20170812161646j:image

f:id:daifukupon:20170812161655j:image

f:id:daifukupon:20170812161706j:image

f:id:daifukupon:20170812161717j:image

f:id:daifukupon:20170812161729j:image

 

最後に第4展示室へ。

f:id:daifukupon:20170812162058j:image

f:id:daifukupon:20170812162117j:image

f:id:daifukupon:20170812162139j:image

今吉標本

f:id:daifukupon:20170812162158j:image

 

最後に地質標本館所蔵の化石アトラス、地球と生物の歴史、のポスターを受付でいただきました。さっそく部屋に貼って眺めました。

f:id:daifukupon:20170812173509j:image

そして鉱物標本や鉱物グッズを大人買い!鉱物トランプ、鉱物しおり、鉱物下敷き、鉱物尽くし!鉱物グッズは事前にネットで販売を知り、欲しくてたまりませんでした。

f:id:daifukupon:20170812175214j:image

f:id:daifukupon:20170812175231j:image

f:id:daifukupon:20170828224254j:image

鉱物好きにはたまらない場所ですね。

次行くことがあれば、1日のんびり滞在したいです。